meemo(ミーモ)の副作用が心配な人も多いと思います。

結論から言うと、ここで紹介する注意点を守れば極めて安全なサプリメントです。

meemo(ミーモ)の副作用って?

meemo(ミーモ)で副作用が起こる可能性がある原因は3つあります。

meemo(ミーモ)の副作用の原因①プエラリア

多くのサイトでたくさんの人が心配している副作用の一つが「きらきらキレイ」に含まれる「プエラリア」によるもの。

プエラリアとは、一般として女性ホルモンに似た働きをして、バストアップに強い作用を持つといわれる成分です。

例えば、女性の卵胞期は女性ホルモンが活発に分泌され、バストアップや肌や髪のツヤアップなどの、女性が一番美しくなる時期。

その時にミーモに含まれる「プエラリア」はさらにそれらの効果をアップするので、女性ホルモンが過剰分泌され副作用が出てしまうことも。

そうした副作用の中には、不正出血や、頭痛、生理不順などが含まれます。

不正出血がでた場合はホルモンの過剰分泌で体内のホルモンバランスが乱れ危険なので、すぐに使用を中止し婦人科での検診をおすすめします。

meemo(ミーモ)の副作用の原因② 他サプリとの併用

また、ミーモに含まれている成分、「大豆イソフラボン」や「エラスチン」を別の栄養系サプリと併用して飲むことで過剰摂取となり、副作用の原因になってしまいます。

それが「meemo(ミーモ)は危険」と言われる原因になっているので、併用するのは避けましょう。

meemo(ミーモ)の副作用の原因③ 過剰摂取

そして「ゆっくりキレイ」に含まれる成分として副作用が心配されるのは「ワイルドヤム」や「マカ」の成分。

「ワイルドヤム」とは、メキシコ、アメリカの一部地域で採れる山芋科の植物のこと。

ワイルドヤムに含まれる成分は乳腺の発達を促し、乳腺の脂肪の増加を促します。

その結果妊娠中の人のバストが大きくなるようなサイクルでバストアップに働きかけますが、ワイルドヤムを過剰摂取してしまうと、腹痛や下痢などの胃腸障害が出たり、ホルモンに影響を与えて肌荒れや肌の油分の過剰分泌に悩むこともあるのでご注意を。

「マカ」はホルモンバランスを整え、男性ホルモンの分泌を促すことで知られる、南米ペルー原産の多年生植物。マカに含まれる豊富なアミノ酸やミネラルでホルモンバランスの乱れを改善します。

不妊症の治療にも用いられるほど、滋養強壮に優れた成分ですが、こちらも過剰摂取は厳禁。

下痢や便秘の原因に、また、キャベツやブロッコリーなどアブラナ科にアレルギーがある人はマカにもアレルギー反応が出る場合があるので注意しましょう。

meemo(ミーモ)は正しく飲めば副作用は怖くない

副作用もゼロではありませんが、以下を守れば極めて安全なサプリメントです。

副作用の注意ポイント・過剰摂取しない
・生理のときは飲まない
・他のバストアップサプリと併用しない

注意していればミーモで女性らしい体を作ることができます。